夢見る外国為替
整体師の雑記帳
整体師の雑記帳。技術、よもやま話、施術のことなどとりとめも無く。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腰のズレによる膝痛
30歳代男性。膝の屈曲運動、正座時に左ひざ内側、内後方が痛む。特に膝の内後方は筋肉も緊張しており、軽く押すだけで痛みが出る。

施術前チェックにて左腸骨の後方・上方剪断変位を確認。

全身チェック・施術後、ドロップベッドにて左腸骨の後方・上方剪断変位を矯正。
矯正直後に左ひざ内後方の筋緊張をみてみると、緊張はなし。その場で正座や膝の屈伸運動を行ってもらい、運動時の痛み・違和感がないことを確認。


今回の骨盤の変位は「上方剪断」がメインでした。他の手技療法・テクニックなどでは「ずり上がり」などといわれているものです。この変位により他の部位に痛みを及ぼしていたようです。

この「上方剪断」についての臨床的な所見は面白いものが多く、次回により詳しく考察してみたいと思います


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
スポンサーサイト
ひざの痛み
10歳代男性。運動時に左膝が痛む。

検査(膝蓋跳動テスト)をしてみると左膝がわずかに水がたまっている感じがある。骨盤等目だった変位はないが、腰椎の可動性が低下している。

初日は音叉にて直接バイブレーションを膝蓋骨、ひざ下左右、骨盤の前面に行う。施術後チェックで、膝の水がやや減少していることを確認。痛みはあまり変化せず。2、3日、運動を休むことを指導。

5日後再来院。腰椎の可動性をつけるよう軽く矯正。腰椎3番を矯正。膝蓋骨に音叉にて直接バイブレーション。

施術後チェックにてひざの痛みがほぼ消失。痛みが再発するようであれば再来院をお勧めした終了。


上記の方は基本的に膝の「使いすぎ」でした。そのため、最初に指導したことは運動をしばらく休むこと。休んだ後に来てもらうと、状態も良くなってきていたため、可動性の悪かった腰椎を矯正して、膝の皿の動きをつけると痛みもほぼ無くなっていました。

スポーツにおいて練習は技量を伸ばす大事な要素ですが、「休養」も同じくらい大事な要素です。激しい運動を行う方こそ体のメンテナンスと「休養」をしっかりとるようにしましょう。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm


ひざの痛み
30歳代男性。左膝内側が動作時に痛む。

脛骨の外旋変位を確認。

全身チェック・施術の後、左脛骨の外旋変位を矯正。

施術後チェックで動作痛なし、可動域改善を確認。


ひざの痛みのときは骨盤のずれのあおりをくらって膝が痛むというケースが多いのですが、今回のケースは膝そのものが「ねじれ」ていた為に膝に痛みが出ていました。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
腰の歪みから来るひざの痛み・しびれ感
60歳代男性。右ひざ内側の痛み。あぐらをかいていると10分もしないうちに膝が痛くなってしびれてくる。

右腸骨の後方変位と内方変位を確認。

全身チェック・施術の後、右腸骨の後方・内方変位を矯正。右膝にわずかに動きの悪さが残るため膝関節部の解放テクニック(リリース)を行う。

施術後チェックで愁訴の消失を確認。4ヵ月後に他の件で来院した際にその後の状況を確認すると、前回施術後、全くひざの痛みは出ていないとの事。


骨盤の歪みが膝に痛みとして出ていたケースでした。ひざの痛みは、ひざそのもののずれもありますが、骨盤や足関節を調整すると愁訴が消失・改善するケースも多いようです。
膝の痛み
全ての痛みや症状が数回の施術で無くなる訳ではありません。中には数ヶ月、数十ヶ月かかるものもあります。次のケースは時間がかかったものの一つです。

70歳代女性。左肩の痛み(手を上げる(伸展)、後ろに手を回す(内旋)時)、右ひざ下(下腿)の痺れ・痛み(歩行時、安静時、夜間痛あり)、膝の痛みで歩行もままならず。腰痛。右手示指の痺れ感。心臓のあおり。

変位として骨盤左への振れ、仙骨左への振れ、右腸骨後方変位、左腸骨の開き、脚はO脚で右ひざ下(右下腿)は外側へ曲がるように変形している。右ひざにばね入りのサポーターおよび足底板を装着。

初回は腹部および骨盤の調整。主にローガンテクニック(トラディショナル、アドバンスドベーシックテクニック)を使う。2回目で腰痛に改善あり。3回目で右ひざ下痺れ感に改善が見られる。以後、ゆっくりではあるが各症状に改善が見られ、2ヵ月後には膝のサポーターを外して行動することができるようになり、畑仕事が可能となる。ここまで週二回の施術ペース。

4ヵ月後には週一回のペースに。この頃には左肩の痛み、ひざ下の痺れ、腰痛、右手示指痺れなどは消失。ひざ下痛みが若干残る。現在も継続施術。


このケースでは、あまりの状態の悪さにお引き受けするかどうか迷いました。が、一度施術してみたところ良い反応が返ってきた為、時間はかかりますが、とお話した上でお引き受けすることにしました。お年でもあったため難しいケースではありましたが、現在ではサポーター、足底板などは全て外して生活することができ、日常生活、畑仕事も普通に行っています。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。