夢見る外国為替
整体師の雑記帳
整体師の雑記帳。技術、よもやま話、施術のことなどとりとめも無く。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あごの痛み
10代女性。運動中に左顔面部を打撲。それ以来あごを開いたり物を噛んだりすると左あごが痛む。

開口時に下顎が右に変位し痛みがでる。

全身チェック・施術のあと、上部頚椎に変位があったのでこれを矯正。開口時の痛みと変位がさほど変わらないので、本人の了承を得て外側翼突筋、内側翼突筋をアイロンリリース。

施術後チェックで開口時の変位と痛みの消失を確認。施術終了とする。


以前書いたようにあごは全身の不調が出てくる部分ですが、今回はその原因がはっきりとしていた(打撲による変位)ので、まず頚椎を調整してその後に残った部分である顎関節そのものを調整しました。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
スポンサーサイト
あごの痛み
40歳代女性。口を開く時、閉じた時に右あごが痛む。開口時、閉口時に目立った左右へのぶれ(スライド)は無し。頚椎2番3番が左回旋、頚椎5番7番が右回旋を起こし、左腸骨が後方下方変位を起こしている。

全身チェック・施術後、左腸骨と頚椎を矯正し、後頭骨を解放(リリース)する。

施術後の動態検査で、口を開く時の痛みは消失、かんだ時にわずかに痛みが出る。状態は良いので、少し様子を見てもらえば残った痛みはすぐに消えていく可能性が高いと話をして施術終了とする。
後日、本人よりの話では、残っていたあごのわずかな痛みはすぐに無くなったとの事。


あごは、施術家泣かせの部位の一つです。というのも、極めて色々なところの不調があごに出るからです。頭蓋のずれ、頚椎のねじれ、肩関節の不調、骨盤のゆがみ、神経状態…etc。

今回のケースは頚椎と骨盤の歪みがもとであごに不調が出ていたケースでした。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。