夢見る外国為替
整体師の雑記帳
整体師の雑記帳。技術、よもやま話、施術のことなどとりとめも無く。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お勧め書籍
ウェストヴァージニア・オステオパシー医科大学のOMTポケットマニュアル

出版社: ノラ・コミュニケーションズ 、379ページ 、NPO法人アトラス・オステオパシー学院 森田博也D.O. (監修), NPO法人アトラス・オステオパシー学院 生越輝広 (監修), 佐藤行央 (翻訳) 、価格: ¥ 6,300





ホント久々のお勧め書籍のコーナーです(^_^;)。今回のお勧め書籍は「ウェストヴァージニア・オステオパシー医科大学のOMTポケットマニュアル」


オステオパシーの本です。部位別にテクニックが分類されており、簡潔でなかなか見やすい。


書かれているテクニックも代表的なものが多いので、患者への施術メニューを組み立てるときによいヒントになると思います。


中でもお勧めなのが「パーカッションハンマー(パーカッションバイブレーター)」の施術ポイントが書かれていること!


これまでパーカッションハンマーの日本語マニュアルはありませんでしたので、この本はよいテキストになると思いますよ。





総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/
スポンサーサイト
お勧め書籍
「アナトミー・トレイン 徒手運動療法のための筋筋膜経線 」、医学書院、(翻訳書)、¥ 6,090

人体は上腕二頭筋とか大腿四頭筋などのいくつかの筋肉単位に分けることができます。その分けた単位で解剖学という学問が成り立ち、教科書も書かれているのですが、この本はその単位を再統合したものです。

筋がどのようにして、どの筋につながっていくか、いわゆる筋連結とかキネティックチェーンといわれているものを詳しく説明しています。実際の筋筋連結がどのようになっているかを示している図も豊富でわかりやすいです。

実は、私は診断や施術に際してこの考え方を使っておりました。といっても、このアナトミートレインほど詳細に突き詰めて考えていたわけではなく、解剖学の本と自分の経験則から

「こことここはつながっているよな~・・・」

「だからここを調整すればこっちがよくなるはず・・・」


ぐらいのものでしたが。

それでも、ある程度の結果が出ておりましたので、内心自分の考え方に自信を持っておりました。ところがこの本の存在を知り、読んだところ

「ギャフン!!!」

と、なるくらいの衝撃を受けました。
解剖学的な検証もしっかりしてる上、私がわからなかった四肢末節への連結もしっかり書かれているではありませんか。

この理論を取り入れ施術方法・思考の再構築を行いましたら、以前よりさらに末節(遠位部)での施術で結果が出るようになり、なぜその部位の施術で離れたところの痛みが取れるのかの理論的説明がしっかりできるようになってきました。


人体は一つでありつながっている、ということを感じさせる本です



総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
お勧め書籍
怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 、サンガ新書、アルボムッレ スマナサーラ (著)

友人よりお借りしました書籍の一冊。

最近、怒ることは(若い頃より)少なくなってきた、と自分で思っていますが、この本を読むと、「怒ること」が、いかに自分のため、周りの為によくないことか、よ~くわかります。

そんなこと言ったって、怒れてくる時は、怒れてくるんだ!、という方…

…人生、かなり損をしていますよ?


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
お勧め書籍
「すらすら読める 風姿花伝」、著者 林望、出版社 講談社、1600円+税

日本伝統芸能の「能」の達者であった世阿弥が記した能の秘伝書です。秘伝書とは言っても現在は広く公開され、海外では翻訳版も出ているほどです。

なぜ、この「風姿花伝」なのかというと、能の体遣い、身体論・心法論に非常に興味を覚えて、能の勉強を少ししてみたいと考えたからです。文献に当たるなら当時の達者が書いたものを、と思い、最初は原文のみのルビ無し・現代語訳無しの、モロ古文の本に当たったのですが…

読めない…(T_T)

やはり、原文のままでは無理でした(^_^;)
で、仕方なくルビつき・現代語訳つきにしたのですが、これが非常に読みやすい。自分の読解力を過大評価せず、最初っから簡単なのにしとけば楽だったんですよね(^_^;)

この本は能の技法・心構えをしるしたものですので、私の仕事・技法に直接の糧となるものはなかったのですが、大いに考えさせられるところは随所にありました。

「一、因果の花を知ること、窮めなるべし。一切みな因果なり」


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
キタ━(゚∀゚)━!!!!! その2
と、いうわけでその2です。今回の キタ━(゚∀゚)━!!!!! は、以前ご紹介した

オステオパシー・スティル・テクニックマニュアル 第2版」です。

実は、先々月には来ていたのですが、ご紹介が遅くなってしまいました<(_ _)>

今回の第2版では写真・ページ数の大幅な追加、理論の改定、新テクニック(筋膜、内臓など)の紹介など改訂版の名前にふさわしいものです。
これだけ追加や変更が多いと言うことは、このテクニックがいまだ進化途中にあると言うことでしょう。

前回ではあまり説明のなかった四肢のテクニックも充実していますので、買い!の一冊ですよ(^_^)


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
キタ━(゚∀゚)━!!!!! その1
キターー!!

半年前よりずーーーっと楽しみにしていた本がきました(これ↓)

読んだよ
ハリー・ポッターと死の秘宝

一気に読んでしまいました(^_^;)

ネタばれになるといけないので内容は話せませんが、期待を裏切らない面白さでした。

でもこれでハリポタも完結してしまった…人生の楽しみがひとつ減ってしまった…



で、今回のタイトルは「その1」ですね、と言うことは「その2」があるということで…
その2はなにか? 乞うご期待(と言うほどのものでも無いですが(^_^;))


総合整体 けいらく堂

http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
楽しみです
先日、エンタプライズから書籍案内が来ました。そしてその中の一枚に…

「オステオパシー・スティルテクニック・マニュアル第2版」

の案内があるではありませんか!!!ウレシー

7月末の発売とのこと。今から楽しみです


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。