夢見る外国為替
整体師の雑記帳
整体師の雑記帳。技術、よもやま話、施術のことなどとりとめも無く。
200608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200610
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーとうちゃん!
娘の誕生日にニンテンドーDSを買い与えてから、子供たちはすっかりスーパーマリオのとりこになっています。DSをやっていい時間は一日30分。時間を厳密に(?)キッチンタイマーで計りながらやっています(^_^;)

ゲームステージのクリアに行き詰ってくると、とうちゃんコールがかかります。なにせスーパーマリオは昔とった杵柄、子供たちが行き詰っているところをひょいひょいとクリアしてやります。
で、翌朝の会話は

父 「ワールド6のタワーをクリアしといたぞ。ついでにマリオを70ちょっとまで増やしておいた」
娘 「ありがと。今度はワールド1の隠しステージに挑戦してみようよ」

これを聞いていた妻曰く
妻 「…朝からゲームの話なんて小学生みたい…」

はい、私の精神構造は小学生並みですし、娘はホンモノの小学生ですが何か?(笑)
スポンサーサイト
膝の痛み
全ての痛みや症状が数回の施術で無くなる訳ではありません。中には数ヶ月、数十ヶ月かかるものもあります。次のケースは時間がかかったものの一つです。

70歳代女性。左肩の痛み(手を上げる(伸展)、後ろに手を回す(内旋)時)、右ひざ下(下腿)の痺れ・痛み(歩行時、安静時、夜間痛あり)、膝の痛みで歩行もままならず。腰痛。右手示指の痺れ感。心臓のあおり。

変位として骨盤左への振れ、仙骨左への振れ、右腸骨後方変位、左腸骨の開き、脚はO脚で右ひざ下(右下腿)は外側へ曲がるように変形している。右ひざにばね入りのサポーターおよび足底板を装着。

初回は腹部および骨盤の調整。主にローガンテクニック(トラディショナル、アドバンスドベーシックテクニック)を使う。2回目で腰痛に改善あり。3回目で右ひざ下痺れ感に改善が見られる。以後、ゆっくりではあるが各症状に改善が見られ、2ヵ月後には膝のサポーターを外して行動することができるようになり、畑仕事が可能となる。ここまで週二回の施術ペース。

4ヵ月後には週一回のペースに。この頃には左肩の痛み、ひざ下の痺れ、腰痛、右手示指痺れなどは消失。ひざ下痛みが若干残る。現在も継続施術。


このケースでは、あまりの状態の悪さにお引き受けするかどうか迷いました。が、一度施術してみたところ良い反応が返ってきた為、時間はかかりますが、とお話した上でお引き受けすることにしました。お年でもあったため難しいケースではありましたが、現在ではサポーター、足底板などは全て外して生活することができ、日常生活、畑仕事も普通に行っています。
勉強会
月曜日に月一回の定例勉強会がありました。といっても少人数で茶話会をかねたようなもので、仕事が終わった夜にわいわいとやっているものです。

しかし、施術や臨床、テクニックの話がヒートアップしてくると、時間も忘れて話し合い。結局その日も午前様になってしまいました。翌日つらいのに…。しかしこういったことを心置きなく話せる場があるというのは大変シアワセで恵まれたことですね
腰の痛み(LBP)
20歳代男性。胸椎12番から仙椎3番まで痛むとの事。重いものを持ってからおかしくなった。今は車の運転がつらい。触診時、可動性低下を確認。下肢痺れ感無し。左腸骨後下方変位。仙骨の左前下方変位あり。

全身チェック・施術後、音叉にて腰の筋肉を緩める。その後ドロップテーブルにて仙骨の左前下方変位、左腸骨後下方変位を矯正。仙骨1番から胸椎12番までのモビリゼーション(可動性をつける施術)。ペインスケール10→4へ軽減。ただ、腰椎5番と仙椎1番の間の可動性の悪さが残るため、1週間前後の来院をお勧めする。

8日後来院。案の定、腰椎5番と仙椎1番付近の痛みが若干残るとの事。ドロップテーブルにて仙骨の左前下方変位、左腸骨後下方変位を再矯正の後、腰椎5番と仙椎1番の可動性をつける。痛み消失。施術後触診の状態も良いためこれにて終了とする。


比較的スタンダードな骨盤変位の腰痛でした。いつもこのような感じですいすい寛解に至っていただけたら大変(うちに来る方も私も)楽なのですが…。
腕のねじれ
腕のねじれがあると肘や手首の痛み、肩の痛みにつながりやすいものです。自分の腕のねじれ(専門的には前腕の回内過多によって回外へのロックがかかっている状態)がどの程度のものか一度チェックしてみましょう。

1 立った状態で両腕を「前にならえ」の形にする。両方の手のひらを外側に向ける(親指が下に向く)
2 両腕を交差し手のひら同士を合わせて手を組む。この時上になったほうの腕がねじれをチェックする腕になる。
3 手を組んだまま、下から回し込んで腕をねじって前に突き出すようにする。この時、腕がどれだけ伸びるかチェックする。腕が体の前、もしくは顔の前ぐらいで止まってしまう人は腕のねじれが大きい人です。逆にしっかりと腕を前に突き出せる人は腕のねじれはほとんどありません。

この動作はチェック法であると同時にねじれの修正法にもなっています。この動作ができない人は腕がねじれて硬くなっています。特に男性に多いようですので注意しましょう(^_^)
肩の痛み
60歳代男性。庭仕事中に両手でバケツを持ち左肩を痛める。外転時に三角筋中部~前部、僧帽筋上部に痛みが出現。知人より紹介されて来院。

全身チェック・施術の後、三角筋リリースとテーピングにて痛みが消失。ただ、触診すると三角筋中部・前部に繊維状硬結が存在し、肩関節の可動性もやや悪いので、1週間後の来院をお勧め。
6日後来院。痛みはかなり軽減するものの、三角筋前部に痛みが残るとの事。肩関節矯正の後、三角筋にマッスルアジャストをかける。肩関節伸展時に痛みが残るものの、三角筋前部へのテーピングにて痛み消失。施術後触診の状態も良いため(繊維状硬結の消失)、痛みが残るようであれば1週間後の来院をお勧めして終了。


肩関節の痛みや障害で三角筋そのものが問題となるケースは意外と少ないのですが、この事例はその少ないケースの一つでした。
ぎっくり腰
50歳代女性。4日前にぎっくり腰をおこして2日間近くの接骨院に通ったが良くならず。当院に来たことがある知人より紹介されて来院。

来院時、腰が曲がった鎮痛姿勢で歩いている。動態検査でも腰の前後屈不可(棒立ち状態)だが特に後屈(伸展)がつらいとの事。痛みは左仙腸関節に出ている。下肢痺れ感無し。

まず腹部を緩める。これだけで痛み無く仰向けになることができるようになる。その後伏臥位で骨盤の調整。仙骨が右に振っていたのでこれを調整後、胸腰筋膜をリリース。股関節に可動性をつけて立って調子を見てもらう。

施術後動態検査は前屈90°可能、後屈時にやや痛みが残る。仰臥位で音叉にて腹部調整。再度動態検査にて前屈痛み消失。後屈時にややいたみが残るものの歩行、階段の昇り下りは支障なく行えることを確認し施術終了。4~5日後の来院をお勧め。


ポイントは腹部でした。お腹に硬さがあると腰の痛みにつながりやすいものです。
京都旅行その2
旅行2日目はまず奈良へ。目的地は奈良公園です。奈良公園は何といっても鹿の放飼い。子供たちに「公園の中に鹿が放飼いにされている」と説明しても今一つピンと来なかったようですが、実際にその状況を目にすると「エーッ!」と驚き。下の息子(小2)はビビッてしまって鹿の群れを横切ることができません。小心者ですからねぇ・・・
東大寺を見学して、後はひたすら鹿せんべいを買って鹿にせんべい遣り(笑)。親の方が夢中になってしまいました。

DSCN0265.jpg


上の写真で私が服の下に手を入れているのは、お腹を掻いているわけではなく、鹿せんべいを隠しているのです。こうしないと鹿が一気にたくさん寄ってきて囲まれた上、鹿の頭でドツキ回されて鹿せんべいを強奪される、という目に会うからです。

昼からは伊賀上野へ忍者屋敷を見に行き帰路へ。伊勢湾岸道路のおかげで大変早く戻ってこれました。運転手の私は疲れましたが、家族みんなの旅行は久しぶりで思い出深いものになりました。
京都旅行その1
今月の17日、18日に家族5人で京都、奈良に旅行に行ってきました。修学旅行のようなコースですが大変に楽しむことができました。
一日目はまず京都映画村に。子供2人(小学5年、小学2年)はスタンプ帳を購入してスタンプ集めに一生懸命。13ヶ月の一番下のチビすけはベビーカーに載って親と一緒に見物です。

実際に使われたセットを見たりしていましたが、一番面白かったのは何といってもロケーションスタジオの掛け合い漫才(?)でした。ここでは、実際の撮影がどのようにして行われるかを説明してもらえるのですが、役者さん2人と監督1人の絶妙なボケと突っ込みを交えながらの説明で、涙を流して笑ってしまいました。映画村に行かれたら是非ここの見学をお勧めしますよ。

その後は嵐山へ渡月橋を見物に行きました。非常に人が多かったのですが、京都らしい風景を堪能できよかったです(子供たちはそこで売っていたお団子が美味しいと「花より団子」でしたが・・・)

夜はウェルサンピア京都という厚生年金施設に宿泊。宿泊料金は安かったのに夕食は豪勢だし、建物は綺麗だしで大変良かったです。上の娘は誰も居ない大浴場で泳いでいたそうです(^_^;)

さて京都旅行その2は次回へ

下の写真は嵐山の渡月橋です
arasiyama

Blog 開始!
さて、ブログなぞを始めてみました。例によって不定期更新となりますが、よろしくお願いいたします

けいらく堂院長
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。