夢見る外国為替
整体師の雑記帳
整体師の雑記帳。技術、よもやま話、施術のことなどとりとめも無く。
200702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200704
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カリスマ整体師のセレブな朝
朝6時40分起床
起床と同時にすでに末っ子(男1歳半)がハラヘリ状態になりつつある。すぐに着替えさせてテレビを見せてごまかす。

同時並行で長女(11歳)と長男(8歳)をたたき起こし、コタツに潜り込もうとするところをふん捕まえて、着替えるよう大声を張り上げる。女房はすっぴんのまま、髪を振り乱し朝食と弁当の用意。

このときすでに末っ子はハラがへり、ぐおー、ぐおーと抗議の声を張り上げながら父(私)の足元にまとわり着く。

末っ子の足取り攻撃をかわしながら配膳。末っ子を椅子に座らせて先に食べさせ始める。

ご飯(ふりかけ付き)、味噌汁、その他弁当に持っていく残り物等がおかず。

身支度が出来たものから食べ始めるが、父は末っ子のお世話でなかなか食べられず。末っ子は一口、口に放り込んでやっても次から次にえさをねだる小鳥のように口をパカッとあける。

あっという間に一杯目を食べてお代わり。二杯目になってようやくピッチが落ちて父も食事がはじめることが出来る。

末っ子の調子がいいと「っかっり」と三杯目のお代わりの声が飛ぶ。長女、長男もご飯だけでは足らぬとパンを食べ始める。まだ足らぬと、冷蔵庫からヨーグルト、魚肉ソーセージなどを出してきて食べる。日によってはさらにコーンフレークを追加して食べる…

イナゴの大群が過ぎ去った後のような食卓を片付け始めると、次にトイレ争奪戦が開始される。大抵は長女国家保安軍 対 長男革命軍の戦いになるが、たまに父ゲリラ軍が参戦する。ゲリラ軍は緒戦で常に敗退。

父は足元に来る、末っ子のねぇねぇ遊ぼうよ攻撃を何とかかわしながら、食器の汚れ物を片付け、夕飯分の米を洗う。この頃になるとねぇねぇ遊ぼうよ攻撃が、うわーんつまらないよー将軍に変身するので、父は背中に末っ子を背負って家庭内業務を遂行。

末っ子背嚢(約12kg)を背負いながら洗面を行う。長男長女が学校に出かける。

NHKの「にほんごであそぼ」が始まると末っ子から解放される。「にほんごであそぼ」「ピタゴラスイッチ」の間は父、母ともに単独行動が可能なので、さっさと身支度を行い、支度が出来次第、末っ子を連れて女房(会社員)とともに出勤。

車に乗り込み、まず女房を駅まで送る。次に末っ子を保育園に。父、ようやくけいらく堂までたどり着く…


…失礼、タイトルが間違っていました「共稼ぎふうふの平日の朝(騒乱編)」でした…


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
スポンサーサイト
3月定例勉強会
26日月曜に定例勉強会がありました。会場は名古屋市某整体院にて。

最初の雑談でとある整体学校についてのうわさ、というか現場の講師からの伝え聞きについて。
その整体学校についてはよくないうわさをいくつか聞いていたのですが、実際にこんなひどい・むごいことがおこなわれていたとは…という感じです。

具体的には、学校トップがまるで金の亡者のようなやり口。正直言って、怒りを感じました。この学校の生徒さん、講師(一部を除く)には同情します。(;_:)

そのあとには、私が患者役になって新しい療法を研究しました。毒だし療法というものらしいのですが、用いているメンバーによれば、そこそこ効果が出てるよ、という事です。

最後に胸椎の矯正と仙骨の矯正の実技について。

なかなかに充実した勉強会でした(^_^)


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
脚の痛み
50歳代女性。右足の臀部から腿の外側を通り膝下外側まで痛む。特に歩行時に痛み、座っているときなどの安静時には痛まない。

右腸骨後方下方変位と仙骨の右後方下方変位を確認。パトリックテスト(あし4の字テスト、仰向けになって脚を「4」の字に組んで仙腸関節、股関節に痛みが出るかどうかのテスト)が右側で陽性。右側の恥骨筋の拘縮が存在する。

全身チェック・施術の後、恥骨筋を緩めて、右腸骨と仙骨を矯正。

施術後確認で歩行時の痛みはほとんど消失、パトリックテストも陰性となる。4日後の施術をお勧めして終了。


ちょっと専門的になりますが、いわゆるL5領域に障害(痛み)がでていたケースです。パトリックテストも陽性でしたので、すぐに仙腸関節の可動不全とL5神経の障害が主なものだな、と考えたのですが、実際は恥骨筋の障害が主でした。恥骨筋を解放することで大幅に痛みや不快感が減少したのです。

この件で経験は貴重な財産だけど、時には思い込みにつながりかねない、ということをしみじみと感じました。一人ひとりの体はちがうのだから、先入観を排除して頭の中を白紙にし、一人ひとりにきちんと検査してあたらなければならない、ということです。

検査して施術、そして再検査。最も基本ですが一番大事なことの一つですね。

臨時休業(再掲)
3月24日(土曜日)は都合により午後より臨時休業します。

午前のみ施術を行いますが、予約を頂いた方のみとさせていただきます。



総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
お勧め書籍
ベッドサイドの神経の診かた 南山堂 田崎義昭、斎藤佳雄 7200円+税

我々手技療法家には施術前、施術後の検査を行う際に現代医学のような最先端の機器を用いることがほとんど出来ません。検査法のほとんどは徒手検査となります。
特に神経学的検査法については昔からの反射や筋力検査に頼ることが多いです。

本書はその神経学的検査法、鑑別法をかなりの範囲でカバーしており、大変役に立つ良書です。16版を重ねているということからもどれだけ支持されているかわかろうというものです。

施術、特に矯正に関しては「センス」があればある程度何とかなってしまうことがありますが、施術可否の鑑別については「知識」がなくては絶対に出来ません。万が一の事にならぬようこういった面の勉強も続けて知識の蓄積をしていかなくてはならないと思います。

また、この本にはこのブログでもネタとしてたびたびお世話になっています。感謝感謝(笑)
m(__)m


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
突き指後の痛み
20歳代女性。2ヶ月前に右手中指を突き指したが、指先から2つ目の関節(近位指節間関節)の痛みが未だにとれず、動かすと痛む。病院には受傷直後行っており、レントゲンでは異常なしとのこと。

状態を観察すると、指を握る動きでは良いが、手を開く動作で痛みが出る。

そこで、腕の力を抜かせて他動的に手を握らせる動きのカウンターストレインを行う。

90秒後、ゆっくりと中間位にもどし、手を動かさせると動作痛はほとんど消失。


小学生女児。1ヶ月前に右手薬指を突き指後、痛みがとれず。整形外科で外傷はないと診断されている。

動態検査では手を握りきったとき、開ききった時に右手薬指の指先から2つ目の関節に痛みがでる。

第5、第4中手骨間に圧痛有り。他動的に手を軽く握らせる動作で圧痛が消える。そのままカウンターストレインを行う。

施術後チェックで圧痛は消え、動作痛もなし。施術終了とする。


カウンターストレインというのは、簡単に言うと痛みの出ない姿勢を90秒ほどとったあと、力を入れずにゆっくりと関節の位置を中間位に戻していく、というものです。これによって筋肉の異常な神経信号を解除でき、動作が正常になります。

突き指によって瞬間的に筋肉にストレインがかかり、時間がたっても動作痛が残っていたのが今回のケースです。このような場合にはカウンターストレインは非常に大きな効果を発揮します。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
施術不可
50歳代女性。首のコリとグルグル回るめまい感が時折ある。特に上を向いた時にめまいがおきやすいとのこと。

検査はバレ・リーウー徴候(-)、マイグネテスト(-)、閉眼示指テスト(-)、ウェーバーテスト右(+)、デクリーンテスト左(+)となった。デクリーンテストを再度行うもめまいは誘発されず擬似陽性を疑う。

聞き取り検査では喫煙歴が30年ほどあり、飲酒も同様。医師の検査を受けずに最初に当院に来院した。

以上の所見から、椎骨動脈の血管障害の疑いを捨てきれずに、病院で精査をお勧めし、施術は行わなかった。


さて、今回は、一般の方には聞きなれない検査法の名前がたくさん出ています。バレ・リーウー徴候、マイグネテストはすわった状態で首を左右にまわして、首の血管が圧迫されるかどうかを調べる方法です。デクリーンテストはそれを仰向けの状態で行います。

ウェーバーテストは蝸牛という耳の奥にある器官の検査です。閉眼示指テストは前庭神経という神経について検査する方法です。

私が何を調べたかったかと言うと
①めまいの原因は脳か末梢か
②血管障害の有無
です。

結果は、末梢の蝸牛と、椎骨動脈という首の動脈が怪しいのでは?というものでした。蝸牛はともかく、椎骨動脈の異常は施術不可のサインです。血管がつまっているか、細くなっているか、もしくはなんらかの異常があり、血液が流れにくくなっているかもしれないのです。

これ以上どうなっているかは私の方では検査のしようがなかったので、病院で検査を受けるようにとお勧めしました。

施術可否については難しいところもあります。明らかに整体でどうにかなるのもではないというものもあります。このブログでは何度も言ってきていることですが、その判断をしっかりすることが大事であると、私は考えています。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
お勧め書籍
クリスタル・ドラゴン1~24巻 あしべゆうほ 秋田書店

これは漫画です。それも少女漫画(^_^;) ファンタジー系のものですが、何といってもストーリーが良い。冒険物、ケルト神話物が好きな方はお勧めしますぞ(ハマッも責任は持ちません)

しかしこれも連載が長いなー。最初にこれを読んだのが中学生ぐらいだったから20年以上は連載していることになるのかな。途中休載があったとは聞いたことがあるけど…


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
ぎっくり腰
40歳代男性。朝、会社に行って作業中に腰が痛くなる。しゃがんでから立ち上がるときに腰が痛くて伸びない。

50歳代男性。2~3日前より骨盤中央に痛み。左足内側から左足親指までしびれ感。

上記の二方に行った施術は同じものでした。

仰向けで音叉にて骨盤、腹部上部、下部に直接バイブレーション。腸骨右が後方下方変位していたので矯正。仙骨右が下方変位していたのでこれも矯正。うつ伏せで上後腸骨棘に直接バイブレーション。

施術後チェックで痛みやしびれ感が消失していることを確認。施術終了とする。


体のゆがみの状態が同じでも、人によっては出る症状が全くちがうことがあります。上のお二方はゆがみ方は同じでしたが、感じている状態はかなりちがうものでした。

真の原因はなにか?これを探すのが難しく、またこの仕事のおもしろいところなのですが。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
ひざの痛み
10歳代男性。運動時に左膝が痛む。

検査(膝蓋跳動テスト)をしてみると左膝がわずかに水がたまっている感じがある。骨盤等目だった変位はないが、腰椎の可動性が低下している。

初日は音叉にて直接バイブレーションを膝蓋骨、ひざ下左右、骨盤の前面に行う。施術後チェックで、膝の水がやや減少していることを確認。痛みはあまり変化せず。2、3日、運動を休むことを指導。

5日後再来院。腰椎の可動性をつけるよう軽く矯正。腰椎3番を矯正。膝蓋骨に音叉にて直接バイブレーション。

施術後チェックにてひざの痛みがほぼ消失。痛みが再発するようであれば再来院をお勧めした終了。


上記の方は基本的に膝の「使いすぎ」でした。そのため、最初に指導したことは運動をしばらく休むこと。休んだ後に来てもらうと、状態も良くなってきていたため、可動性の悪かった腰椎を矯正して、膝の皿の動きをつけると痛みもほぼ無くなっていました。

スポーツにおいて練習は技量を伸ばす大事な要素ですが、「休養」も同じくらい大事な要素です。激しい運動を行う方こそ体のメンテナンスと「休養」をしっかりとるようにしましょう。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm


臨時休業
3月24日(土曜日)は都合により午後より臨時休業します。

午前のみ施術を行いますが、予約を頂いた方のみとさせていただきます。

現在のところ、11時からの残り一枠(お一人さま)のみです。

ご予約は電話でお願いいたします。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
NCC3月勉強会
本日はNCCの勉強会でした。会場は天白スポーツセンター会議室。

テーマはカウンターストレインの臨床と筋筋膜リリースの実技でした。

で、今回は組合の上層部の方々にちょっと意見を言わせてもらいました。内容については組合のあり方や勉強会についてなのですが、いろいろあって私なりの意見を述べておきたいと思いましたので。

ヒラ組合員の言うことですのでどこまで聞き入れてもらえるか「?」ですけどもね。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
2月定例勉強会
2月26日の月曜日に定例の勉強会を行いました。

初っ端から熱くカウンターストレインについて話し合いと実技。メンバーの一人が手に力が入らない(握力が低下している)ということでしたので、テンダーポイントを探してカウンターストレインにて施術。

施術後の感じを聞いてみると力が6,7割回復したとのことで、そのメンバーも早速カウンターストレインのテキストを興味深そうに読んでいました(^_^)

そのあとはモーションパルペーション(MP)と矯正の実習。MPは基本はあれど、細かいところは個人個人で微妙に違ってくるので教える方も教わる方もちょっと戸惑いながらやっていました(笑)

…はい、そうです、時間は例によって12時近くまでやってました。さすがに疲れました…


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。