夢見る外国為替
整体師の雑記帳
整体師の雑記帳。技術、よもやま話、施術のことなどとりとめも無く。
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11月定例勉強会
27日火曜日に名古屋市某整体院にて、月例勉強会…という名の茶話会がありました(^_^;)

今回は、ほんとに全く実技無しでお茶飲んで、お菓子食べてダベるばかり。

…来月はちゃんとした勉強会をやりますよ、たぶん…


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
スポンサーサイト
パーカッションハンマー(パーカッションバイブレーター) おまけ
この前が最後といいながら、いきなり追加です(^_^;)

メンテナンスについて。

Foredom社のホームページ http://www.blackstoneind.com/foundations/store/home.asp にあるForedom Basics Video(フォアダム製品扱い初心者用ビデオクリップ) http://www.blackstoneind.com/foundations/store/storepage.asp?page=Video ではForedom製品の取り扱い方のビデオが数本あります。

その中の4.Maintenance of Shafts & Sheaths - Grease & Replace ではシャフトとシースのメンテナンスの方法が、5. Motor Maintenance- Replace Motor Brushes, Remove Dust ではモーターブラシの交換方法がそれぞれ動画で載っています。

交換方法やメンテナンス方法がイマイチわからない方は参考にしてください。

総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
愉気 その2(音叉とのコラボレーション)
50歳代女性。2ヶ月前に右足首内側を打つ。現在日常生活には支障ないが、指で軽く押さえると痛みがある。

施術前検査で右足首全体に緊張を確認。音叉で直接バイブレーションを行いながら、愉気を行う。5分ほど行った後に本人に圧痛を確認してもらうが、痛みが無いことを確認。

一週間後、他の用件で来院した時、容態を聞いてみると前回施術後より、まったく痛み・違和感は出ていないとのこと。


このケースは音叉と愉気を同時に行ったものです。しっかりと確認はできていませんが、音叉とのコラボで双方の効果が高くなるような気がします。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
パーカッションハンマー(パーカッションバイブレーター) その4
パーカッションハンマー特集(?)も今回が最後です。
今回は参考文献や技術セミナーについて。

技術セミナーについては、日本国内では現在行われていないようです。私が確認したところでは、2004年にあるオステオパシー団体が行った国際セミナーが最後。個人レベルではどこかでセミナーを行っている先生が見えるかもしれませんが、確認はできていません。

参考文献はこの特集で最初にあげた3冊の書籍がパーカッションハンマーについて載っています。改めて載せておきます。

「癒す心・治す力」アンドルーワイル著、上野圭一訳、角川書店
「いのちの輝き」ロバートフルフォード著、上野圭一訳、翔泳社
「サトル・オステオパシー」ザカリー・コモー著、日本オステオパシー学会訳、たにぐち書店


中でも「サトル・オステオパシー」は、ある程度詳しく操作方法など解説しています。某セミナーでもこの本が教科書として使われたようです。

英文でもOKよん、という方は

「Are We On The Path」
「Basic Percussion Course Notes」


という2冊の文献があります。「Are~」は以前に紹介したフルフォード博士の論想集です。その中のEnergy and Vibrationの章のPercussion Vibratorのところに、ちょこっとだけ(2ページほど)パーカッションハンマーやパッドを当てる位置について解説しています。

「Basic~」はその名の通り、パーカッションハンマーのコーステキストです。
アメリカ国内では頻繁にフルフォードセミナーとしてパーカッションハンマーのセミナーが行われているのですが、その中のベーシックコースのテキストがこれ。ハンマーを当てる位置、モニターする手の位置など図入りで詳しく解説されています。ページ数は少ないものの、テクニックの文献としてはこれが一番ベストかと思います。ただ、このテキストは、ハンマーの原理や哲学などには全く触れていませんので、そちらのほうは他の文献が必要になります。

VFSH0667.jpg Basic Percussion Course Notes

あと、映像でもパーカッションハンマーに関してのものがあります。

「Dr. Fulford's Basic Percussion Course (DVD)」

な、何とフルフォード博士本人が出演しているセミナーDVDです。4枚組でかなりボリュームがあります。当然のことながら音声はすべて英語で日本語版(吹き替え、字幕等)はなし。しかし!英語がわからなくても、そのハンマーの取り扱い方や力加減など見ているだけで非常に参考になるかと思います。

さて、これでパーカッションハンマーに関する特集は終わりですが、何か新しい情報が入りましたら、随時追加していきます。よろしく!


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。