夢見る外国為替
整体師の雑記帳
整体師の雑記帳。技術、よもやま話、施術のことなどとりとめも無く。
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月定例勉強会
22日は定例勉強会でした。

はじめはAK(アプライドキネシオロジー)のNLポイント(神経-リンパ反射ポイント)とオステオパシーのチャプマン反射の相違点と実習。

次に操体法による肩甲骨の調整実習、スティルテクニックによる胸椎矯正実習、K先生による側臥位の肩甲骨リリースの実技練習、と最初はかなりとばしました(^_^)

が、一度休憩に入るとそこからは、若かりし頃の趣味の話ばかり(^_^;)。
クルマ、バイク、バンド、ラリー、自転車など次々に話題が出てくる出てくる。

結局、休憩に入ったらずっとそのまんま…。

実技・練習よりも休憩時間の話の方に熱が入ったのは言うまでもありませんm(__)m

…非常に楽しい勉強会でした(何の勉強?と突っ込まないでくださいね)


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
スポンサーサイト
ゆらしの技法(その2)
今回は「大ゆらし」についてです。「小ゆらし」の時と同じように、施術を受ける人にうつぶせになってもらいます。

「大ゆらし」は下部の椎骨から行っていきます。たとえば、腰椎3番、胸椎11番、胸椎2番の動きが悪いようであれば、腰椎3番から始まって、胸椎11番、胸椎2番と調整していきます。

腰椎3番を例にとってみましょう。施術を受ける人にうつ伏せになってもらい、その横に立ち、足方手を仙骨の上に軽くおきます。頭方手で調整したい椎骨の棘突起をつまんで固定します。

足方手で仙骨を大きく左右に、リズミカルにゆらしますが、棘突起をつまんだ頭方手は極力動かさないようにします。つまんだ棘突起から動きの改善(リリース感)が得られれば終了で、上部の椎骨に移ります。

と、お分かりのように「小ゆらし」とは逆に体のほうをゆらしていくものです。

問題椎骨の解放が得られれば、脊柱全体の柔軟性が回復します。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
ヒヨちゃんを見に
今日(6日日曜日)に末っ子と2人で名古屋市農業センターに行ってきました。一日遊べるとこではないですが、1~2時間程度なら散策、見学となかなか楽しめます。

今日の目的は「ヒヨちゃん」に会うこと。さて、会えるかな…?

牛見た はじめに牛さんを見てうれしそう


子牛 子牛も見ました


ピース ニワトリに対して威嚇中


ぴよぴよ 念願のヒヨちゃんにご対面!!


やぎ、羊 ヒツジ、ヤギを見つけてダッシュ!


なに拾った? なぜか「ただの石ころ」を拾って、大事そうにポケットにしまう


うみゃあ! 締めはやはりジェラートだよ、父はほとんど食べれなかった・・・


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。