夢見る外国為替
整体師の雑記帳
整体師の雑記帳。技術、よもやま話、施術のことなどとりとめも無く。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腰痛・鼠蹊部(そけいぶ)と下肢外側の痛み
久しぶりの臨床報告です。

40歳代男性。右腰椎5番辺りと右鼠蹊部(そけいぶ、左右の大腿部の付け根の前側)の痛み、及び、右下肢外側から小指にかけての痛み。

数日前より痛み出してきた。現在は歩行がやっととの事。

触診及び動診(モーションパルペーション)にて検査したところ、右腸骨後方下方変位、仙骨底の右下方変位、第5腰椎の右横突起後方変位、骨盤全体の右上がりが認められる。

右腸腰部・仙腸関節部の軟部組織に強い緊張が見られ、痛みの発現している部位から腸腰靭帯と後仙腸靭帯の関連痛(硬節痛、Sclerotomal pain)が疑われた。

アクティベータにて、頚椎上部、胸椎上部、腰椎下部、骨盤・仙骨の変位を矯正。背部筋膜リリースの後、脚部のバランスをスティルテクニックで調整。

ドロップテーブルにて腰椎5番を矯正の後、立位、座位にて自動運動検査(自分で動いてもらう検査)を行ったところ、痛みはほぼ消失。2~3日様子を見てもらい、痛みがないようであれば、再度来院の必要は無しと話しをして施術終了とした。



腰から脚にかけての痛み、というのはよくありますが、難しいのは原因の鑑別です。下肢外側の痛みだけであれば、小・中臀筋のMPS(筋筋膜疼痛症候群)の可能性が大きいのですが、鼠蹊部の痛みが伴っていれば話しが違ってきます。

この鼠蹊部の痛みが腸腰靭帯の関連痛なのです。詳しくは下の図をご覧ください。
硬節痛
Foundations of Osteopathic Medicineより引用

Iliolumbar ligament pain というのが腸腰靭帯の関連痛、Posteriorsacroiliac ligament painが後仙腸靭帯の関連痛になります。

筋筋膜の関連痛はMPSとして知られていますが、この硬節痛、特に靭帯からの関連痛はあまりポピュラーではありません。
TrP療法で小・中臀筋のMPSを狙って治療していながら、なかなか良い結果がでない、という先生は、腸腰靭帯と後仙腸靭帯も視野に入れていただくといい結果がでる事でしょう。


総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
硬節痛 Sclerotomal pain
まさに2月の勉強会の内容通りですな~i-278
2011/05/12(木) 10:18:08 | URL | 大日さん #VRmGONd2[ 編集]
全くだわ。鼠蹊部の痛みにはこの靭帯が関わっている事が多いと思われ( ̄▽ ̄)
2011/05/12(木) 22:04:52 | URL | けいらく堂院長 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。