夢見る外国為替
整体師の雑記帳
整体師の雑記帳。技術、よもやま話、施術のことなどとりとめも無く。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
位置的促通テーピング法
さて、トリッ クアート展で少し出てきた足首へのテーピング。
どんなものかご紹介しましょう。


使うテープはキネシオテープ。いわゆる伸縮性のあるテープです。


このテープを患部が痛くない状態にして貼ります。


えっ?そんな事やってるよ、と思われた方がいるでしょう。


確かに腰痛で腰に貼る時には、座った状態から少し痛みが出るところまで屈んでもらって、痛みがないところまで身体を戻し、その体位で貼る、というのが一般的です。


しかし、このテーピング法は違います。


足首を例に説明してみましょう。


足の背屈(足先を上に向ける)で痛みが足首に出て、底屈(足先を下に向ける)で傷みが全く無い、とします(この前の私がそうでした(^^;;)


一般的なテーピング法でしたら、痛みが出るところまで背屈して、そこからやや戻し、テーピング、ですね。


この方法では、「全く痛みの無い肢位」、すなわち、完全な底屈位で足首にテーピングします。


この時、テープは伸ばさずに貼ります。


これはどういう事かというと、痛くない状態でテーピングする事により、受容器、特に皮膚の受容器が底屈位にあると「だまくらかして」発痛を抑える事が出来るのではないのでしょうか。


私の経験からいうと、一般的なテーピングよりかなり痛みを抑える事ができます。


屈曲位で皮膚にシワができた時にどうテーピングするか、などの問題はこれからの研究課題です。



総合整体 けいらく堂
http://www005.upp.so-net.ne.jp/keirakudo/index.htm
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あなたがやることは、たった「一日5分」笑ってしまうほど超簡単な体操だけです。それだけで「今すぐ」スッキリ腰痛の痛みを取り除き一週間~一か月で、再発ナシの腰痛知らずの体になれるとても簡単な「ある方法」をお教えします。
2011/09/08(木) 06:52:33 | 今すぐ腰痛改善・解消する超簡単な方法
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。